<<>

2020年12月14日作成
宝暦10年10月23日(1760年11月30日)
-天保6年10月2日(1835年11月21日))
は、江戸時代の外科医。記録に残るものとして
麻酔薬「通仙散(つうせんさん)」を発明し
世界で初めて全身麻酔を用いた手術(乳癌手術)を成功させた。

スライドショーはサムネイルをクリックして右クリックで手動で』見て下さい。